花澤香菜さんと小野賢章さんの熱愛報道について

週刊文春デジタルのインターネット生放送で人気声優の花澤香菜さんと同じく声優の小野賢章さんの熱愛が報じられました。この件について小野さんは後日改めて報告をすると交際を暗に認めるコメントを発表しています。これまで声優の交際報道というのは、プリクラの流出など素人がネットを通じて発信するという形が大半だったので、こうして週刊誌が取り上げるというのは珍しい事例となります。花澤香菜さんは声優としてテレビでも何度か取り上げられ、CMにも出演していたこともありますので、話題性が高いと判断したのでしょう。花澤香菜さんと言えば、10年近く前に当時交際していたと思われる男性とのプリクラが流出しており、熱愛報道としては2度目ということになるのでしょうか。そのため、熱狂的なファンは少数で、今回の報道についても落ち着いたコメントが目立ちます。今回の件については報道の内容自体よりも、文春が裏方とされている声優業界をネタとして取り上げたということの方が驚きでした。

ライエルのことやフールロットなどについて

探究をしました。1830年頃に、ライエル(英国)が「地質学理論」第1巻を公刊しました。1838年頃に、ベッセル(ドイツ)、ヘンダーソン(英国)、ストルーべ(ロシア)が星の年頃周視差をつくりました。1840年頃に、アガシ(スイス)が氷河期の認知をしました。同じく1840年頃に、フィリップス(英国)が古生代・中生代・新生代の区分をしました。1846年頃に、ルベリエ(フランス)、アダムス(英国)、ガルレ(ドイツ)が海王星の認知をしました。1851年頃に、フーコー(フランス)が振り子で地球自転の裏打ちをしました。1855年頃に、エアリー(英国)とプラット(英国)がアイソスタシー狙いを提唱しました。1856年頃に、モーリー(アメリカ合衆国)が世界の海流、水温、水深の探究をしました。同じく1856年頃に、フールロット(ドイツ)がネアンダール谷で人間化石の頭骨を見つけました。知らないことを知れて良かったです。