近ごろの居残る政治実家の金知覚についておもうやり方

昨今ある政治マイホームのキャッシュ感ついて雑誌や紙面をにぎわしていますね。
とある週刊詩にものりました。各週ウィークエンドには湯河原の別荘に公用モデルで行くとか。
その方が悠々して公務ができるのだとか。
しかし、決して遠い別荘に各週立ち寄るのは如何な物質でしょうかね。
ほぼ公用モデルは頑丈でテロ計画等も取られいるのだから、大丈夫の面ではいいのでしょうが。
何かあった時折すぐに戻ることができませんね。

また木更津の残る旅館の壮観客室で協議をやったとか。
それに家事も便乗したとか。それも元日だのことです。
あんなときに協議をする物質でしょうかね。
それが何回も染み渡るとか。
またその料を政治元手から支出したとか。
これは明らかに公私混同でしょう。
このくらいの政治マイホームにとっては自分の現金で何とかなる予算でしょう。
なにかみみちいとしかいいみたいはありませんね。
へそくりに耐えるわけではないでしょう。
通年なん千万円ももらっているのでしょうから。

またいる銘柄のポーチを買ったとか。それも3万円くらいだとか。
その消耗も政治元手から出しているとか。
このようなキャッシュ感はどうなっているのでしょう。
ほんのり一般の人とは異なるように思えます。アイフル キャッシング